Ring*3

家づくりのこと、オール電化住宅のこと、2世帯住居暮らしのことなどを記していきたいと思います。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
家づくりお役立ちLINKS

チェックしたい関連サイト

お友達LINKS
RECOMMEND
トクをするマイホームこの方法で買うこの方法で成功する 200 (2005)
トクをするマイホームこの方法で買うこの方法で成功する 200 (2005) (JUGEMレビュー »)
海江田 万里
家づくりに関する色々な情報の2005年度版が出ました!
RECOMMEND
住宅ローンはこうして借りなさい
住宅ローンはこうして借りなさい (JUGEMレビュー »)
深田 晶恵
住宅ローンは奥深い・・・。
RECOMMEND
沢村真理のラクする収納片づく家
沢村真理のラクする収納片づく家 (JUGEMレビュー »)
沢村 真理
生理整とんの苦手な私にはバイブルのような本です!
RECENT COMMENT
total:
t:  y:
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - |
日照権問題、受忍限度/我が家の南の土地に3階建て住宅が2軒建ってしまいます!!
久々の日記でなんだか小難しいタイトルになってしまいました(^^;)

先月16日に、主人の実家を建て直して引っ越してきたばかりなのですが、
その引越しの日当日に解体工事が始まった我が家の南側の土地。

以前は、90歳近くのおばあさんが平屋で一人暮らししていたのですが、
私たちがメーカーを決めようとしていたときに
そのおばあさんが老人ホームに入所したということで、
仮住まいとして貸してもらえないか打診していたんです。
でも、そのときは、そのおばあさんの息子さんから
「いつ家に帰りたいと言うかわからないし、荷物もたくさんあるから・・・」という理由で丁寧にお断りされていたんです。

近隣商業地帯と第二種住居地域が混在している私たちの家。
南側の家は、我が家と西側の家2軒分の広さで平屋だったのですが、
90歳を過ぎているおばあさんの一人暮らしだったので、
数年後には多分土地も売られて同じような3階建ての家がだってしまうだろう・・・とは思っていたんです。

でも、まさか自分たちが引っ越してくる日に解体工事が始まるとは!
いつ土地を売ったとも、いつからどんな土地活用をするかも何の説明もないまま突然始まったのです!
しかも、30坪の土地に2軒も!!
私たちの家の前に建つ家は、土地の境界線から33センチしか離れていないところに壁ができるんです!

悲しいかな、建築基準法にも、市の条例にも違反はしていないようなので、
法律的にはとても弱い立場なのですが、
何のあいさつもないまま突然土地に縄を張り始めるなんてどうなんでしょう??
あわてて現場の人にいつから工事が始まるのか聞いたら、
3日後にくい打ちを始めるというではありませんか!
その工事が始まるともう建物の形状や位置は変更できないとも!!
法律上は、説明義務がないとはいえ、
なんだか「建てたもの勝ち」みたいなやり方に腹が立ってしまい、
そういう態度に出られるなら、こっちもできる限りのことはしてやるぞ!!という思いに駆られて現在いろいろとすったもんだしているところです(^^;)

急いでその日のうちに建て主の連絡先を聞いて、
区役所の建築課に相談に行き、
次の日には建築課に紹介された法律相談所に行って、
法律事務所に足を運び弁護士さんとも相談。
とりあえず、違反建築ではないので
「日照権に関する受忍限度の問題で話し合うぐらいしかできない」ということでした。

受忍限度とは、確かに法律上違反はしていないけれど、
家の中にほとんど光が入らない暮らしは耐えられない!
という訴えです。
そこで何ができるのかというと、
私たちと建て主側(今回は不動産業者)との話し合いで
お互い納得ができるまで工事をストップさせる申請を裁判所に出すことと、
日照権が侵害されたことが証明された場合に損害賠償を請求するということらしいです。
ただ、工事の差し止め請求には工事をとめることによる相手側への損害を補償することになった場合の担保をつまないといけないようですし、
申請をしたからといってすぐに裁判所が動けないので、
申請をしている間にも工事が進んでしまうということがあります。
また、私たちの家のある土地が近隣商業地域と第二種住居地域ということで、
法律上、日照権がないに等しいところだということと、
今回建てられる2軒の家だけでシュミレーションをした場合、
日照権に関してもある程度クリアされている可能性があるということでした。
(2階までは真っ暗ですが、3階には日が入りそうということで・・・)
要するに、現時点で相手側を訴えるほどの要素がないということです。
なので、まだ建物が建っていないうちに、
壁の位置をずらしてもらえないか、屋根を低くしてもらえないかといった話し合い(お願いモード)をして、
相手側が要望を取り入れてくれればラッキーといった程度しかできないようなのです。
あとは、もしこのまま強引に工事を進めて、
日照に関して受忍限度を超えていると認められた場合、
損害賠償を請求する意思があることを伝えることだけ・・・。

民法上考慮したほうがいいとされている
土地の境界線から壁面までの距離が最低50センチ離せていなければいけない、という規定にも対象外の地域らしいので、
唯一、要求できそうなのが、
プライバシーの保護という観点から、
お互いの壁面間が1メートル以内の場合、
後から建てる家については、開口部(窓など)に目隠しをしなければいけない、というもののようです。
これに関しては、あちら側もすでに考慮してくれているようで、
私たちの家のほうにはほとんど窓は作らないようにして、
作った窓も小さく、曇りガラスを入れるように配慮してくれているようです。

確かに、自分たちも3階建てを建てましたし、
それによって東側にある3階建てのお宅には
建て直す前の2階建ての家のときに比べたら
やはり日照の障害になっています。
それに、自分たちが家を建てた土地がどんな地域なのか、
南側の家がどういうお宅だったのかを考えれば、
南側に3階建ての家が建つからといってここまで大騒ぎするのはどうかと思われるかもしれません。

でも、「建てたもの勝ち」のような業者側の態度にカチンときたことと、
自分たちの権利は自分たちで守るしかないということ、
そして、ダメもとでも後でしこりを残さないよう、
できるだけのことはしてみようという思いからここ数日いろいろと動いている次第です。

私立ちの家の東側に建っているお宅は、
私たちの家と同様、これで周りを全部3階建てで囲まれてしまい、
私たちの家と同じように光がほとんど入らなくなるにもかかわらず、
何もアクションを起こしていません。
(私たちの家の工事中の台風で足場が倒れ、傷がついたから直せというアクションは今も継続中ですが・・・)
私たちの家の西側の家の前にも同じように3階建てが立つのですが、
その家の方は「あら、何階建ての家が建つの?」とまったく気にもしていないようです。
(この家の場合は、西側が駐車場なので日が入るからかもしれません・・・)

今さら何をいってもムダだとあきらめているのか、
光が入らなくなっても気にならないのか・・・(_ _+)

とりあえず、昨日業者側の担当者に説明に来てもらい、
そのときに平面図、立面図をもらえたので(これも義務ではないので応じてもらえないこともあるようです)、
自分の家を建ててくれたメーカーの営業さんに頼んで、
日照のあたり方のシュミレーションをしてもらっています。
また、建物の位置についてはもう変更できないと断言されたので、
屋根の角度や一番高い部分を移動して少しでも屋根を低くできないかと言ったところ、
設計士の人と話してみるが、確認申請を取り直さないといけない場合は、手続き上のコストがかかるのでやりたくない、と言われました。
(手続き自体のコストと、許可が再度下りるまでの間、工事をとめておかなければいけないコストの両方です)
書類はきちんとくれたところは評価できるのですが、
自分たちは企画をしているだけで、工事のスケジュールについては工務店に、設計に関しては設計士に丸投げしている。。。などと変な責任逃れみたいなこというし、
コストがかかることは、たとえ構造上変更が可能でも変更したくないといわれると不愉快な気分になってしまいました。

ハウスメーカーは、いい家を建てることはもちろん、
そこにこれから長年住んでいくであろうお客に対して、
気持ちよく住めるような配慮までしてくれます。
(今回の隣の家の修理に関して、私たちへの配慮から、本当ならしなくてもいい所まで目をつぶって修理してくれています)
どんなに小さかろうが、どういう土地に建っていようが、
家というのは人が暮らしていく中でとても重要なものだと思います。
その家作りに携わっているというプライドのようなものをもっと持ってほしいと思ってしまいました。
確かに、ビジネスという視点からみれば、
業者側の説明の仕方もわからなくはないのですが・・・

なんだか長くなってしまいましたが、
今現在、屋根の変更が可能なのかどうかの打ち合わせ結果をいつ説明してもらえるのかの連絡待ちです。
スポンサーサイト
- | 04:35 | - |
| | |
コメント
from: 営業   2014/02/17 9:06 AM
この人の隣の方かわいそう。

クレーマーの隣なんて、知ってたら絶対買わないのに。

権利の主張じゃなくて、権利なんてないのにごねてるだけじゃん!

自分が3階建てを立てていながら他人にはそれを許さないって、どこまで自己中なんでしょ。呆れる。
from: 建築士   2013/06/07 5:37 PM
笑ってしまう内容であ〜いるいると思いました。
お住まいの地域について購入される前に十分検討したのでしょうか。それとも「素人だから〜。」とお題目をあげて自身のことは棚上げでしょうか。自分のお家の日影、及び窓の配置、目隠し(たぶんしていないでしょう)は如何でしょうか。気持ちは理解出来るのですが、最低限お隣にご自身もお気遣いされてからの主張をお勧めします。
from: @管理人   2005/02/01 8:31 AM
ぺんてるさんのおうちも同じようなことが起こっているんですか。
まぁ、家を建てる場所によっては避けられない問題かもしれませんね・・・(TT)

お互い、少しでもいい方向に解決できるといいですね〜
from: @管理人   2005/02/01 8:30 AM
高橋Sさん、お久しぶりです!
今はこんなことしかできませんで・・・(^^;)
(・・・て、今までも何もしてませんが・・・(_ _+))

最近更新が滞っていますが、
よかったらまた遊びに来てくださいv(^^)
from: ぺんてる   2005/01/19 1:56 AM
 こんばんは〜〜〜
 Yukakoさんのところ大変な事になっていますね。いきなり33cmのところにお家が出来るのでは大変ですよね〜〜〜いろいろと専門家と相談しているようですが、少しでもYukakoさんの生活に支障がないようになるといいですね。

 私のところも前のお家ができて、日当たりが悪くなったので、何か対策が出来ないか私も調べてみますね。何か良い情報があればご連絡をします。

 お互いに頑張りましょうね〜〜〜!!
from: 高橋S   2005/01/17 6:53 PM
YUKASUさんへ
 たきさんのウェブからきました
お久しぶりです。
 面白そうなサイトを立ち上げてらっしゃり
、これからも遊びに来ますね。

今年もよろしくお願いいたします!
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"