Ring*3

家づくりのこと、オール電化住宅のこと、2世帯住居暮らしのことなどを記していきたいと思います。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
家づくりお役立ちLINKS

チェックしたい関連サイト

お友達LINKS
RECOMMEND
トクをするマイホームこの方法で買うこの方法で成功する 200 (2005)
トクをするマイホームこの方法で買うこの方法で成功する 200 (2005) (JUGEMレビュー »)
海江田 万里
家づくりに関する色々な情報の2005年度版が出ました!
RECOMMEND
住宅ローンはこうして借りなさい
住宅ローンはこうして借りなさい (JUGEMレビュー »)
深田 晶恵
住宅ローンは奥深い・・・。
RECOMMEND
沢村真理のラクする収納片づく家
沢村真理のラクする収納片づく家 (JUGEMレビュー »)
沢村 真理
生理整とんの苦手な私にはバイブルのような本です!
RECENT COMMENT
total:
t:  y:
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - |
我が家の2世帯住宅づくりレポート/S(S)社の印象
前回もお断りしておりますが、
これから書くS(S)社の印象は、
あくまでも私たち夫婦の個人的な感想ですし、
また、担当の営業さんによっても異なってくると思いますので、
参考程度にとらえていただければと思います・・・。


以前、ネットで資料請求した際の営業さんに連絡を取り、
打ち合わせのアポイントを取りました。

この営業さんは、とても営業に慣れている感じでした。
一見、フランクなように見えますが結構目が鋭かったのを覚えています(笑)
車で移動している最中は必ず「あの家はうちで建てた家です」と
さりげなくアピールしていました。

この会社はとても有名で成約数もTOPクラスのところで、
駅前のビルに立派な事務所と壁紙や扉、キッチンなどのショールームまでありました。
とても面白かったのが、
設備関係のショールームの一角に色んなタイプのティーカップが並んでいるんです。
で、どのカップを選ぶかによって好みのインテリアが分かるというものなのです!
何となく気づいていたのですが、
私と主人が選んだカップは全くの対極に位置するものでした(笑)
主人はどちらかというとガビガビ系(バラとか豪華っぽいの)が好きなのですが、
私はシンプルでナチュラル+モダンな感じが好きなのです。
こういう場合、メーカーが用意してくるインテリアの案は、
やはり主人好みのものでした(さて、決定権はどちらにあるのでしょう??-笑)

この会社の商品の特徴としては、
廊下幅や階段幅、襖や窓の幅が『メーターモジュール』で出来ていて、
いわゆる「一間」といった昔ながらの寸法ではないということがあります。
「一間」とか「一間半」などとよく営業さんや設計士さんが言われると思いますが、私たちにはすでに馴染みの薄い単位になっていますよね。

ちなみに、「半間=約90センチ」なのですが、
この90センチというのはあくまでも『壁芯〜壁芯』の長さを言います。
『壁芯』というのは、壁の厚さの真ん中のことなので、
実際の廊下の幅(有効幅)は90センチよりも狭くなることになります。
なので、基本的なことなのですが、
廊下やベランダなどの幅を確認するときは必ず【有効幅は??】と聞いた方が間違いないと思います。

話は戻りますが、
このメーカーは基本の幅が全て1メートルになっているそうなので、
有効幅でいうと≪90センチ≫もあるのです。
(これは結構広いと思います。ぜひショールームやモデルハウスで実感してみてください!)
階段の傾きも45度以下と結構緩やかになっていて本当に理想的でした。

しかし・・・。
3階建て以上の建物は【重量鉄骨】のみになり、
【重量鉄骨】商品の壁の厚さは25センチもあり、
我が家の土地の幅がとても狭く(軽の自動車の横づけも厳しいほど・・・)細長いという結果、
出来た間取りがとても苦しかったのです(TT)
廊下や階段、玄関、トイレなどはとても広くて素敵なのですが、
その分各部屋がとっても狭くなってしまうのです。
また、北側の道路斜線規制を反映させると、
火災のときのために必要な、法律で義務付けられている大きさの進入口(窓ガラス1枚の幅と高さがそれぞれ1メートル以上)が作れず、
北側にバルコニーを作って対応せざるを得ないため、
ギリギリまで建物全体が南側に寄って北側の外溝部分を広くとる形になってしまったのです。
そして、ギリギリまで南側によった結果、
なんと南側にバルコニーが作れないというなんともつらい間取りになっていたのです・・・。

また、一度お会いした担当の設計士さんはまさに職人さんといった感じで、
説明の途中で質問すると
「すみません。説明の順序がありますので・・・」と質問することを止められてしまったのです(^^;)まぁ、この方だけかもしれませんが・・・。

ということで、このメーカーはお断りしたのですが、
間取り以外でこのメーカーを断った理由は、
・予算が高い
・2月末の段階でGWの頭に解体工事を始めることが条件で値引きするといわれた。(引越し準備をする時間が取れないし・・・)
・週末に他社との打ち合わせで時間が取れないと、平日の夜(18時以降)にでも予約を入れられてしまうほどの強引さ(当時まだ生後4ヶ月の子どもがいるのに・・・)
・現場監督の訪問頻度が各過程ごと(上棟など)のみで、あとは関連会社の現場監督にまかせていること(しかもその現場監督も1週間に1〜2回ぐらいで、1人あたり10〜15件担当するらしい・・・)
などなどがあります。(2004年2月現在)

もちろん、お断りの電話を入れてもすぐには引き下がらず1度は直接会ってお話をし、
その後も数回お電話をいただきました・・・(^^;)

全体的な印象は、
『このメーカーで建てるにはもっと土地が広くてお金持ちじゃないと難しい』
ということと、
かなり営業さんのペースで強引に持っていかれそうだということです。
また、成約件数が高い分やはりクレームも多いそうで、
当たり外れが大きいとも言えるかもしれません。

私たちの意見やペースも尊重してくれて、
的確なアドバイスももらえて、
現場にはできるだけ毎日監督が来てくれるところ。
この条件を大切にしようと決めるきっかけになったメーカーでした(^^;)


===================

* 株式会社リクルート住宅情報編集部では、マイホームを購入、建築された方を対象にアンケートを実施しております。回答者全員に3000円分の商品券♪
・【首都圏】の方はコチラ
・【関西地区】の方はコチラ
・【東海地区】の方はコチラ

* 年2%台からの低金利、完全固定住宅ローンなら「グッドローン」

* このサイトからYahoo! BBにお申し込みの方全員にクオカード3,000円分プレゼント

* 「Q−VOICE」アンケート会員募集中!!登録無料。回答してポイントをGET!
スポンサーサイト
- | 02:50 | - |
| | |
コメント
from: @管理人   2004/09/03 1:36 AM
いつも書き込みありがとうございます(*^^*)

チビがいたので自分たちで調べたり動いたりすることが難しかったので、
なるべく安心してまかせられるところを選ぼうと(みんなそうだと思いますが−笑)
各メーカーの営業さんが売りにしている点を他メーカーで必ず確認したりしていました(^^)

どうやらそろそろ壁も組み立て終わるようです。
何だか全然工事中に現場にいけていないので、
まだ直接工事してくださっている方々にお会いできていなくて・・・。
会わないまま終わらないようになるべく現場に行くようにしないとですよね・・・(_ _;)
from: ぺんてる   2004/09/02 8:47 PM
 こんにちは
 Yukakoさんもいろいろな事を想定してハウスメーカと打ち合わせをしたんですね(^_^)

 私はハウスメーカの選択の時に、工事のことはあまり考えませんでした(^^;

 でも、ハウスメーカを選ぶのは、工事のことも大切ですよね。

 お互いがんまりましょうね〜〜〜o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"