Ring*3

家づくりのこと、オール電化住宅のこと、2世帯住居暮らしのことなどを記していきたいと思います。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
家づくりお役立ちLINKS

チェックしたい関連サイト

お友達LINKS
RECOMMEND
トクをするマイホームこの方法で買うこの方法で成功する 200 (2005)
トクをするマイホームこの方法で買うこの方法で成功する 200 (2005) (JUGEMレビュー »)
海江田 万里
家づくりに関する色々な情報の2005年度版が出ました!
RECOMMEND
住宅ローンはこうして借りなさい
住宅ローンはこうして借りなさい (JUGEMレビュー »)
深田 晶恵
住宅ローンは奥深い・・・。
RECOMMEND
沢村真理のラクする収納片づく家
沢村真理のラクする収納片づく家 (JUGEMレビュー »)
沢村 真理
生理整とんの苦手な私にはバイブルのような本です!
RECENT COMMENT
total:
t:  y:
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - |
我が家の2世帯づくりレポート/打ち合わせ時の心得
これは、初めて住宅展示公園に入った後に買った↓この本にのっていた内容から
私たちが個人的に抜粋してみた【ハウスメーカーと打ち合わせするときの心得】です。

間違いだらけのハウスメーカー選び 間違いだらけのハウスメーカー選び
著者:市村博
出版社:廣済堂出版
本体価格:1,500円


ハウスメーカーと打ち合わせする前に読んでおけばよかった!!
と、強く思ったことを覚えています。
ということで、私たちの打ち合わせ記録ノートに書き写してある【心得】を紹介したいと思います。
もちろん、この本にはもっとたくさんの役立つアドバイスが載っているので
よかったらご覧ください!

1.『家を建てる動機を確認するべし』
  ⇒何の目的で、いつまでに家を建てるのか。

2.『何を期待するのか』
  ⇒【プラン提案力】【値段】【スピード】【品質】の中で一番に求めるのは?

3.『工法はどれにするのか』
  ⇒【ツーバイフォー】【鉄骨】【従来工法(木造)】etc...

4.『こだわりをきちんと伝えるべし』

5.『予算は低めに』
(↑とても当たり前のことなのですが、私たちはここの部分がメーカー側のいいなりになっていた部分があって、結局予算よりかなり高めになってしまいました。)

6.『打ち合わせ記録を出させるべし』
  ⇒「言った・言わない」のトラブルを避けるため

7.『敷地調査は有料でやらせるべし』
(コレに関しては今思い返すと必ずしも必要ないと思います。簡易的なものですが、ほとんどのメーカーが無料で調べてくれるので、比較すればある程度の目安がつかめます。・・・まぁ、無料でやってもらっている分の費用が契約した方に上乗せされてるとも言えますが・・・)

8.『無料設計にはいい加減なものもある』
  ⇒あとで追加料金が生じることがある。
(コレに関しても必ずしもそうとは言えないと思います。もちろん、土地の測量もせずにフリーハンドで書かれた間取りプランは危ないですが、ほとんどのメーカーは無料で測量してCADに落として間取りプランを作成していました。)

9.『他社批判に耳を貸すべからず』
(コレはまさにその通り!今思えば当たり前のことなのですが、危うく他社の営業マンが批判的に話していた営業トークを鵜呑みにして、批判されたメーカーと連絡さえ取らないでメーカーを検討するところでした!!やはりちゃんと自分で直接確認した方がいいですね!)

10.『値引きの陰にからくりありと覚えておくべし』
  ⇒値引きが大きすぎるのは不誠実と考えるべし。

11.『見積書の明細を出させるべし』
  ⇒見積書に見積もり明細を添付してもらう。ドンブリ勘定はダメ!
(これは本当に大切です!!私たちはこのことを身をもって知らされました!)

12.『契約約款は熟読するべし』
(色々と私たちに不利なことも書かれている契約約款。素人がどれだけ理解できるか不明ですが、熟読するに越した事はありません!私たちも検討していたすべてのメーカーに事前にこの約款をコピーしてもらい、色々と質問しました!各メーカーの姿勢も垣間見れるのでぜひ事前に取り寄せてみてください!)

13.『契約前に保証書を確認するべし』
  ⇒どういった時にどちらがその費用を負担するのかを確認する。

14.『鉄則7(契約前にするべきこと)』
 1)基本設計段階での確認事項
 2)敷地調査報告書の不備に夜費用増は相手持ち
 3)工期を契約書に明記させる
 4)下請け工務店を確認する
 5)建築申請の許可は契約前に取得
  ⇒契約後に設計変更を余儀なくされるトラブルが結構多い
 (コレに関しては現実的には難しいかなと思いますが、複数のメーカーに間取りプランを出してもらうとそれぞれの説明で食い違うところが出てくるので、その点を確認すればある程度申請許可が設計図どおり取れるかどうか確認出来ると思います。)
 6)引渡し書類のチェック
  ⇒【施工業者の連絡先】【竣工図(現場で設計がどう変更したか)】【工事検査記録(着工から完成までの様々な検査)】【アフターメンテナンス体制(引渡し後の定期点検項目と費用負担)】
 (アフターメンテナンスについては、私たちはメーカーを決める上でも重要視していたので、事前にメンテナンスブックをいただいていました。)
 7)契約書に添付されるべき書類
  ⇒【見積書】(発注するすべての詳細見積り)
   【設計図】(配置図・平面図・立面図・矩計図・展開図・仕上表・仕様書・基礎図・構造図・電気設備位置図・給排水設備位置図・冷暖房設備位置図・外溝図)
   【契約約款】【工事工程表】【打ち合わせ記録】
  (外溝については、ハウスメーカーとは別のところと契約する形を取る場合もあるので、上記のすべてが契約時に揃うとは限りませんが、一応の目安としてチェックしてみて下さい。)
我が家の2世帯づくりレポート/役に立った本
間違いだらけのハウスメーカー選び(3(50社本音評価))間違いだらけのハウスメーカー選び(3(50社本音評価))
著者:市村博
出版社:廣済堂出版
本体価格:1,600円

↑この本は、全国展開している大手メーカーから、ある地域でかなりのシェアをもっているメーカーまで50社のハウスメーカーを取り上げ、「現場の声」「実例」を重視した評価が書かれています。内容は、各メーカーの”歴史と特徴””比較すべきメーカー””評判””営業スタイル””設計スタイル””ブランド&ディスカウント””構造体””施工スタイル””契約&保証””アフターメンテナンス””総評”がコンパクトに書かれていて、どんなメーカーがあってどのような特徴があるのかを知るのにとても役に立ちました。

間違いだらけのハウスメーカー選び(2(実践編)) 間違いだらけのハウスメーカー選び(2(実践編))
著者:市村博
出版社:廣済堂出版
本体価格:1,700円

↑この本は、実際の家づくりの現場で起きた色んな事件が取り上げられ、施主がそうしたことを未然に防ぐために必要なことが書かれています。
ハウスメーカー77社個別診断住宅は信用で買ってはいけないハウスメーカー77社個別診断住宅は信用で買ってはいけない
出版社:建築ジャーナル
本体価格:2,400円

↑この本は77のハウスメーカーの「メーカーの概要」「特徴と注意点」「建築士からのアドバイス」「製品の概要」「営業体制」「契約」「書類・図面」「住宅品質確保促進法」「地盤調査」「シックハウス対策」「支払方法」「アフターサービス」「瑕疵に対する責任」「必要な手続きと期間」について書かれています。また、欠陥住宅解決のためのノウハウや建て主が自分で行うチェックポイントなども書かれています。
「欠陥住宅」をつかまない155の知恵「建築検査歴600件」のプロが教える「対業者」交渉「欠陥住宅」をつかまない155の知恵「建築検査歴600件」のプロが教える「対業者」交渉
著者:岩山健一
出版社:情報センター出版局
本体価格:1,400円

↑TVでも有名な建築士の岩山さんが書かれた本で、欠陥住宅をつかまないポイントだけでなく、万一欠陥住宅をつかまされたときの対策も書かれています。
得する家づくり交渉術住宅メーカー営業マンの上をいく!得する家づくり交渉術住宅メーカー営業マンの上をいく!
著者:関口雄司
出版社:ニューハウス出版
本体価格:1,748円

↑住宅展示場の上手な利用の仕方や、価格交渉のポイントなどが書かれています。

=======================

* 他にもあります『家づくり』の本 *