Ring*3

家づくりのこと、オール電化住宅のこと、2世帯住居暮らしのことなどを記していきたいと思います。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
家づくりお役立ちLINKS

チェックしたい関連サイト

お友達LINKS
RECOMMEND
トクをするマイホームこの方法で買うこの方法で成功する 200 (2005)
トクをするマイホームこの方法で買うこの方法で成功する 200 (2005) (JUGEMレビュー »)
海江田 万里
家づくりに関する色々な情報の2005年度版が出ました!
RECOMMEND
住宅ローンはこうして借りなさい
住宅ローンはこうして借りなさい (JUGEMレビュー »)
深田 晶恵
住宅ローンは奥深い・・・。
RECOMMEND
沢村真理のラクする収納片づく家
沢村真理のラクする収納片づく家 (JUGEMレビュー »)
沢村 真理
生理整とんの苦手な私にはバイブルのような本です!
RECENT COMMENT
total:
t:  y:
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - |
我が家の2世帯住宅づくりレポート/やっとエアコンが入りました!
またまた久々の更新です(^^;)

実は、今日やっと2Fのリビングと3Fのセカンドリビング?にエアコンが入りました!
1Fのお義母さんの部屋には先週の土曜日に、
3Fの寝室には1月の末に入っていたので
これでめでたく全室エアコン完備になりました!(^^ヾ

いやぁ〜、やっぱりエアコンってすごいですねーー!!
電気ストーブやカーペットなんかとは比べ物にならないぐらい暖かいですね(^^;)
これでやっとチャンチャンコからも開放されます(嬉)

そうそう、あと外溝も表札を除いてやっと完成しました!
やっぱり外溝があるのとないのとではだいぶ印象が変わりますね!
やっと家らしくなった感じです(^^;)

エアコンも入ったし、外溝もできたので
これでやっとお友達とかも呼べるかな??
でも、まだ家具類が全部はそろっていないので荷物がイマイチ片付いていないのが本当のところです(_ _+)
日照権問題・・・その後
先日大騒ぎ?していた、南側の家の建築による日照権の問題ですが、
本当は16日に話し合いをする予定だったのが、私が風邪で寝込んでしま
い、
翌木曜日の今夜に延期になってしまいました・・・(_ _+)

結論から書きますと、
結局、屋根の形は今の形が一番うちに日が入るという結論になったということ、
でも、それでは納得してもらえないと思って
建物全体を8センチですが、境界線から離して建ててくれることになりました。

たかだか8センチ離れたぐらいでは、何がどの程度変わるのかわかりませんが、
何の変更をする義務も責任もある意味ないのに
こういう形で妥協策を提示してくれたという行為にちょっと驚きました。
やはり、
「こんな形で建てられた家を買われた方と、今後何十年もご近所つきあいをしなければいけないんです。買われた方は何の関係もないけれど、やはりいい関係を気づいていける自信がない。そんな家を買う方はかわいそうですね。」
という、主人の言葉が聞いたのでしょうか・・・??

まだ、うちを建ててくれたメーカー側にお願いしている日照にシュミレーションの結果が出ていないので、
もし、また相談したいことが出てきたら連絡するという形で話し合いは終わりいました。

やはり、自分の権利は一応主張した方がいいかもですね・・・。
日照権問題、受忍限度/我が家の南の土地に3階建て住宅が2軒建ってしまいます!!
久々の日記でなんだか小難しいタイトルになってしまいました(^^;)

先月16日に、主人の実家を建て直して引っ越してきたばかりなのですが、
その引越しの日当日に解体工事が始まった我が家の南側の土地。

以前は、90歳近くのおばあさんが平屋で一人暮らししていたのですが、
私たちがメーカーを決めようとしていたときに
そのおばあさんが老人ホームに入所したということで、
仮住まいとして貸してもらえないか打診していたんです。
でも、そのときは、そのおばあさんの息子さんから
「いつ家に帰りたいと言うかわからないし、荷物もたくさんあるから・・・」という理由で丁寧にお断りされていたんです。

近隣商業地帯と第二種住居地域が混在している私たちの家。
南側の家は、我が家と西側の家2軒分の広さで平屋だったのですが、
90歳を過ぎているおばあさんの一人暮らしだったので、
数年後には多分土地も売られて同じような3階建ての家がだってしまうだろう・・・とは思っていたんです。

でも、まさか自分たちが引っ越してくる日に解体工事が始まるとは!
いつ土地を売ったとも、いつからどんな土地活用をするかも何の説明もないまま突然始まったのです!
しかも、30坪の土地に2軒も!!
私たちの家の前に建つ家は、土地の境界線から33センチしか離れていないところに壁ができるんです!

悲しいかな、建築基準法にも、市の条例にも違反はしていないようなので、
法律的にはとても弱い立場なのですが、
何のあいさつもないまま突然土地に縄を張り始めるなんてどうなんでしょう??
あわてて現場の人にいつから工事が始まるのか聞いたら、
3日後にくい打ちを始めるというではありませんか!
その工事が始まるともう建物の形状や位置は変更できないとも!!
法律上は、説明義務がないとはいえ、
なんだか「建てたもの勝ち」みたいなやり方に腹が立ってしまい、
そういう態度に出られるなら、こっちもできる限りのことはしてやるぞ!!という思いに駆られて現在いろいろとすったもんだしているところです(^^;)

急いでその日のうちに建て主の連絡先を聞いて、
区役所の建築課に相談に行き、
次の日には建築課に紹介された法律相談所に行って、
法律事務所に足を運び弁護士さんとも相談。
とりあえず、違反建築ではないので
「日照権に関する受忍限度の問題で話し合うぐらいしかできない」ということでした。

受忍限度とは、確かに法律上違反はしていないけれど、
家の中にほとんど光が入らない暮らしは耐えられない!
という訴えです。
そこで何ができるのかというと、
私たちと建て主側(今回は不動産業者)との話し合いで
お互い納得ができるまで工事をストップさせる申請を裁判所に出すことと、
日照権が侵害されたことが証明された場合に損害賠償を請求するということらしいです。
ただ、工事の差し止め請求には工事をとめることによる相手側への損害を補償することになった場合の担保をつまないといけないようですし、
申請をしたからといってすぐに裁判所が動けないので、
申請をしている間にも工事が進んでしまうということがあります。
また、私たちの家のある土地が近隣商業地域と第二種住居地域ということで、
法律上、日照権がないに等しいところだということと、
今回建てられる2軒の家だけでシュミレーションをした場合、
日照権に関してもある程度クリアされている可能性があるということでした。
(2階までは真っ暗ですが、3階には日が入りそうということで・・・)
要するに、現時点で相手側を訴えるほどの要素がないということです。
なので、まだ建物が建っていないうちに、
壁の位置をずらしてもらえないか、屋根を低くしてもらえないかといった話し合い(お願いモード)をして、
相手側が要望を取り入れてくれればラッキーといった程度しかできないようなのです。
あとは、もしこのまま強引に工事を進めて、
日照に関して受忍限度を超えていると認められた場合、
損害賠償を請求する意思があることを伝えることだけ・・・。

民法上考慮したほうがいいとされている
土地の境界線から壁面までの距離が最低50センチ離せていなければいけない、という規定にも対象外の地域らしいので、
唯一、要求できそうなのが、
プライバシーの保護という観点から、
お互いの壁面間が1メートル以内の場合、
後から建てる家については、開口部(窓など)に目隠しをしなければいけない、というもののようです。
これに関しては、あちら側もすでに考慮してくれているようで、
私たちの家のほうにはほとんど窓は作らないようにして、
作った窓も小さく、曇りガラスを入れるように配慮してくれているようです。

確かに、自分たちも3階建てを建てましたし、
それによって東側にある3階建てのお宅には
建て直す前の2階建ての家のときに比べたら
やはり日照の障害になっています。
それに、自分たちが家を建てた土地がどんな地域なのか、
南側の家がどういうお宅だったのかを考えれば、
南側に3階建ての家が建つからといってここまで大騒ぎするのはどうかと思われるかもしれません。

でも、「建てたもの勝ち」のような業者側の態度にカチンときたことと、
自分たちの権利は自分たちで守るしかないということ、
そして、ダメもとでも後でしこりを残さないよう、
できるだけのことはしてみようという思いからここ数日いろいろと動いている次第です。

私立ちの家の東側に建っているお宅は、
私たちの家と同様、これで周りを全部3階建てで囲まれてしまい、
私たちの家と同じように光がほとんど入らなくなるにもかかわらず、
何もアクションを起こしていません。
(私たちの家の工事中の台風で足場が倒れ、傷がついたから直せというアクションは今も継続中ですが・・・)
私たちの家の西側の家の前にも同じように3階建てが立つのですが、
その家の方は「あら、何階建ての家が建つの?」とまったく気にもしていないようです。
(この家の場合は、西側が駐車場なので日が入るからかもしれません・・・)

今さら何をいってもムダだとあきらめているのか、
光が入らなくなっても気にならないのか・・・(_ _+)

とりあえず、昨日業者側の担当者に説明に来てもらい、
そのときに平面図、立面図をもらえたので(これも義務ではないので応じてもらえないこともあるようです)、
自分の家を建ててくれたメーカーの営業さんに頼んで、
日照のあたり方のシュミレーションをしてもらっています。
また、建物の位置についてはもう変更できないと断言されたので、
屋根の角度や一番高い部分を移動して少しでも屋根を低くできないかと言ったところ、
設計士の人と話してみるが、確認申請を取り直さないといけない場合は、手続き上のコストがかかるのでやりたくない、と言われました。
(手続き自体のコストと、許可が再度下りるまでの間、工事をとめておかなければいけないコストの両方です)
書類はきちんとくれたところは評価できるのですが、
自分たちは企画をしているだけで、工事のスケジュールについては工務店に、設計に関しては設計士に丸投げしている。。。などと変な責任逃れみたいなこというし、
コストがかかることは、たとえ構造上変更が可能でも変更したくないといわれると不愉快な気分になってしまいました。

ハウスメーカーは、いい家を建てることはもちろん、
そこにこれから長年住んでいくであろうお客に対して、
気持ちよく住めるような配慮までしてくれます。
(今回の隣の家の修理に関して、私たちへの配慮から、本当ならしなくてもいい所まで目をつぶって修理してくれています)
どんなに小さかろうが、どういう土地に建っていようが、
家というのは人が暮らしていく中でとても重要なものだと思います。
その家作りに携わっているというプライドのようなものをもっと持ってほしいと思ってしまいました。
確かに、ビジネスという視点からみれば、
業者側の説明の仕方もわからなくはないのですが・・・

なんだか長くなってしまいましたが、
今現在、屋根の変更が可能なのかどうかの打ち合わせ結果をいつ説明してもらえるのかの連絡待ちです。
我が家の2世帯住宅づくりレポート/引渡し前のチェックに行っていました。・・・が
今日は、引渡し前の家の状態をチェックする日でした。

・・・が、どうやら工事が2日ぐらい遅れているようで、
まだクロスも全部貼り終わっていなかったし、
階段の手すりもついていなかったし、
一部の部屋のドアや棚、玄関ホールのタイル、1Fのトイレなどなど
まだついていなかったものも多々あったので
完全なチェックも出来なかったし、
あまり、もうすぐ引越しだーっ!という盛り上がりもありませんでした(^^;)

でも、選んだ壁紙と廊下や扉のナチュラルバーチが思った以上にいい感じだったのでちょっと嬉しかったですv
あと、キッチンもようやく設置されていたのですが、
こちらも思っていたよりも狭いながらも収納スペースがたくさんあったので
ちょっと安心しました(^^)
主人が、「こんな立派なキッチンだったら、さぞかしおいしい料理がでてくるんだろうなぁ〜」と言っていたので、
「こんなに立派なキッチンだったら、いつもの料理もおいそうに見えるよ」と言ってやりました(* ̄m ̄) ププッ

トイレの壁紙は柄物で冒険してみたのですが、
思っていたより落ち着いた感じだったので一安心。
(実は、かなりハデでくどいかも・・・と心配でした(^^;))

今回チェックできて修正などをお願いしたところは・・・
・リビングに入る扉が腰から上だけガラスだったはずなのに、上から下までガラスの扉がついていた。
⇒打ち合わせのときに決めた扉も届いていたので(?)そちらに変えてもらう。
・3Fの南側の収納が、クローゼットと押入れと逆になっていた。
⇒大きさが違うので、何とか逆に直してもらうことに。
・窓枠のネジがところどころ止められていない。
⇒もちろん、全部止めてもらう。
・寝室の大きな腰高窓に柵がない。
⇒取り付け位置を確認して、つけてもらう。
・コンセントのパネル?がまだほとんどついていない。
⇒もちろん、これも全部つけてもらう。
・トイレなどの扉にぶつかり防止の細工がされていない。
⇒上手い具合に何かつけてもらう。

ぐらいだったかな??(^^;)
とにかく、ちゃんとチェックできるほど出来上がっていなかったというのが率直な感想です(_ _+)
本当に間に合うのかしら??
多分、一部は私達が引っ越してからも工事されるかもです(汗)

外溝は、結局引っ越してからゆっくり打ち合わせすることにしました。
あまりにも狭くて車とか自転車とか置くのもやっとなので、
実際に生活してみて色々と把握した上で決めた方がいいかもということになりまして・・・(^^;)
多分、外溝が出来るのは来月になるかと・・・。

まだ、ダイニングテーブルとかTV台なんかも買ってないし、
茶碗やスプーンなど新調する食器も買ってないし、
引っ越してからもなかなか落ちつかなそうです(^^;)

ただ、何度も来ているので何となく分かっているのか、
1歳の息子が足場の取れた家を見て興奮し始め、
家の中で開放したら奇声?を上げながら部屋中駆け巡っておりました。
さっそく、部屋の扉の開閉が出来ることを確認して満足げな顔をしたり、
まだワックスをかけていないフローリングの上で自動車を走らせようとしたり、
これからコンセントがつくところの穴の中に手を入れたりと
引っ越した後が容易に想像できる動きを展開してくれました(_ _;)
頼むから何も壊さないでね・・・(T_T)

P.S 15日に引渡し、16日に引越しなので、しばらくPCでのレポートはお休みさせていただきます。写真などは後日UPします(^^)しばらく携帯でのレポートになりますので、ご了承くださいv(何とかギリギリまでPCはしまわない予定ですが・・・(^^;))
我が家の2世帯住宅づくりレポート/火災保険の説明を受けてきました。
今日は、先月末にやはり新築を建てて引っ越した友達が通っている
リズミック教室の体験コースに参加して、
久しぶりに色々とおしゃべりしていました(^^)

新築に引っ越した友人宅では、
引っ越した当日にシンクの下から水漏れがあったようです!
しかも、工事に来てくれた人がしてくれた処置も甘くて
次の日も水が漏れたとか・・・(T_T)
シャレになりませんよね〜・・・。
何だか、引渡しを受けたら大丈夫!というわけにはいかなそうですね。
我が家にも何が起こるのか不安です(^^;)

夕方までお茶した後、仕事帰りの主人と待ち合わせて
ローンを組んだ銀行に火災保険の説明を受けてきました。
とりあえず、そんな高級な家財はないので
建物の総合保険と地震保険に入ることにしました。

地震保険は、保険会社の査定によって≪補償額の○%≫という支払方法になるのですが、
建物の総合保険は補償額を上限として≪実際に修理にかかった費用≫を支払ってくれるのでとりあえず安心です。
総合保険は安いところだと、実際にかかった費用とは関係なく、
地震保険と同じように保険会社の人が査定に来て補償額が決められてしまうことがあるので注意した方がいいみたいですよ(^^)

ちなみに、地震保険で気になったことといえば、
保険会社が補償できる総額が決まっていて(4兆いくらだったかな?)、
それを上回る災害の場合は、
保険会社が補償できる総額を被保険者の割合で分割した金額しかもらえないということです・・・。
関東大震災なんて起きちゃったら絶対に総額を上回りそうですよね(^^;)
まぁ、でも、何も補償されないよりはいいのかな?
まぁ、家族がみんな無事に生き延びられればとりあえずはいいか(汗)
我が家の2世帯住宅づくりレポート/エアコンが入らない!!(T_T)
土曜日にカーテンの打ち合わせのためにカーテンのコーディネータの方と工事現場で待ち合わせて
各部屋の窓枠の大きさを計りながらカーテンレールの長さや位置、カーテンの束ね方などなどを話し合っていたのです。

すると、コーディネータの方が、
「エアコンはどこにつけられますか?」と聞いてこられたので、
カーテンの隣だと答えると、
「壁の幅が850mm弱なので、エアコンの大きさによってはレールを延ばせない・・・」と教えてくれたのです!!

私たちが買おうとしていたのは、ピチョンくんでおなじみの
ダイキン うるるとさらら』だったのですが、
そのエアコンの幅が840mmだったのです!
コンクリートパネルが900mmと聞いていたのですが、
まさかこんなに肉?がつくと思っていなかったのです!
ハウスメーカーの人からも特にエアコンのサイズについて注意されなかったし・・・(TT)

急いでエアコン工事をしてくれるところに連絡して、
今日、つけられるか確認したところ、
つけられないこともないけれど、1センチも余裕がないので
エアコンの両脇に指が入れられないのでパネルを開けられないといわれました・・・。
出来れば幅800mm以内がいいとも・・・。

さくらやとかヨドバシで再度確認しても、
最新のエアコンはみんな幅が840mmぐらいなんですよねぇ・・・(TT)
800mm以内のエアコンとなると1つ前の型になってしまう。
省エネ基準や機能面でやはり劣ってしまうようです。
でも入らないなら仕方ないからと、
東芝のエアコンで見積りを作ってもらおうとしたら在庫切れといわれた・・・。
メーカーに在庫がないような型のエアコンを買わないといけないのかと思うと本当にやるせないです・・・。

すると、ヨドバシで、
うるるとさららと同じ機能で幅が800mm弱の新製品が1月中旬頃でるらしい」という情報を入手!
もちろん、直接メーカーのダイキンさんに確認したところ、
確かに出るらしいっ!!
(ちなみに3月にもさらに新機能がついたエアコンがでるらしい・・・)

これから10年は使うだろうエアコン。
やはりいつ在庫がなくなるか分からないものよりも新しいものが欲しい・・・。
1月中旬まで電気ストーブと電気カーペットとコタツで乗り切るか!?
とりあえず、1階のお義母さんの部屋は床暖房を入れているし、
義弟さんの部屋には今仮住まいで使っているエアコンを入れられるし・・・。
今のところ、1月の新製品を買う方向に傾きつつあります。

エアコンとカーテンの位置やサイズに関しては
結構同じようなトラブルが多いようです。
カーテンレースを長くして先に入れてしまったために
買ったエアコンが入らなかったとか・・・。
最後の最後で涙を流さないようにしたいものです・・・(TT)
続きを読む >>
我が家の2世帯住宅づくりレポート/引越し日と引越し業者が決まりました!
先々週の月曜日から始めた引越し業者選びがやっと終わりました!
結局、引越し業者6社とリサイクル業者1社の見積りを取りました(^^;)

事前に、だいたいどのくらいになるのかネットの無料引越し一括見積りサイトで調べていたのですが、
結果としては、そのときの金額と大体同じくらいになりました。
(ちなみに私が見積りを取ってみたのは『三ツ星!引越しミシュラン』です。)

我が家は、タイトルにもあるとおり2世帯同居なので、
うちにある家電をほとんど処分して、
お義母さんが使っているものを使う形になりました。
(水周りが共有なので。あと、自分が使っているのは、私が一人暮らしのときに買ったものなので・・・)
食器もほとんど処分で、お義母さんの方のを使うことになります。
鍋類もガスレンジも、新しい家ではIHになるので処分になります。
食器棚も今回新しくシステムキッチンを入れたので使えないのですが、
これは私の両親が嫁入り道具として買ってくれたものなので処分はできず、
結局、実家に逆戻り?させていただくことにしました(^^;)

他にもたくさん処分するものがあって、
持っていく荷物があまりないような感じになりました。
(荷造りしてみないとなんともいえませんが・・・(^^;))
処分代もバカになりませんねぇ〜。
今すんでいるところでは、確か今年から粗大ゴミが有料になってしまって、
大きさによって金額が異なるんです。
なので、ダメ元で色々なリサイクル業者さんに連絡してみたのですが、
結果としては、家電は製造年数から5年未満のものしか買取されないことが判明。
で、仕方ないので一番安く引き取ってくれそうなところを探して
何とかあるリサイクル屋さんを見つけることが出来ました。
一応、エアコンや冷蔵庫、洗濯機は有料になりましたが、
その他のコタツやガスレンジ、炊飯器、大きなTV台、照明器具などなどは
ほとんど無料で引き取っていただけることになりました♪( ̄▽ ̄)V ブイ

あと、実家へ送る食器棚と電気ストーブも、
引越し業者でお願いするとべらぼうに高いのですが、
クロネコヤマトの小さな引越し便』で頼むと結構安くなることが分かったのでそちらで頼むことにしました♪(*^^*)

リサイクル屋とクロネコヤマトを駆使してちょっとは引越し代も節約できたかな?(笑)
で、結局引っ越し業者は、ドラえもんマークのA社になりました!
大手メーカーという安心感もありますが、
金額が意外にも一番安い金額を提示していただいた業者の1つだったのです!
他の引越し業者さんから、A社は高いとか、今年の年末は忙しいから断られるなどなど色んな話を聞いていて、
危うく鵜呑みにして見積もり以来をキャンセルするところでした!(><)
でも、主人がA社にこだわって?いたのでとりあえず見積もりだけ取ってみたのです!
ハウスメーカーを決めるときに、他社の営業マンの言うことを鵜呑みにしてはいけないと学習したはずなのに、
どうやらもう忘れてしまっていたようです・・・(_ _+)

ということで、今日、無事A社のダンボールサービス分50箱が届き、
いよいよ引越し準備が始まります。
ちなみに、引渡し日は12/15に決定しました!
で、私たちの引越しは翌日の16日に、
お義母さんたちの引越しは19日に決まりました。

同居生活まで、とうとうカウントダウンが始まってしまいました・・・(汗)
我が家の2世帯住宅づくりレポート/外溝の打ち合わせと、カーテンの打ち合わせをしました
今日は、久しぶりに現場監督と担当営業さん、設計士さんと
電気配線の位置と数の確認と、
これからつける洗濯物の竹ざおをかける金物の位置などの打ち合わせをしました。

前回つくり途中だった金物の骨組みなどが1階まで全部できていて、
3階は天井と壁の土台もほぼできていました。
11_20_1
↑これは寝室です。
左側の窓が北側で、代用進入口となる窓です。
結構大きくて柵がないと大人の私たちでも怖いぐらい・・・(^^;)
もちろん、営業さんに相談して内側に木製の棒?をつけてもらうことにしました。

11_20_2
↑これは3階の南側の部屋です。
将来はここを2つに区切って子ども部屋にする予定ですが、
しばらくは客間兼用の第2のリビングルームとして使います。
(ここに入り浸っていそうな予感・・・(¬ー¬) フフ)

天井や壁の位置がはっきりするとだいぶ部屋らしくなりますね〜。
それに、今までと違って部屋が広く感じました(笑)
やっぱり天井が高すぎて縦に細長いと狭く感じるらしいですね。
逆に、部屋が広すぎて天井が低いとかなり圧迫感を感じるそうです。

ただ、部屋らしくなったのはこの2部屋だけで、
他はまだ断熱材が丸見えで、
設備関係も相変わらずお風呂しか入っていない状態で、
本当に12/15に引渡しが間に合うのか不安になってしまいました(^^;)
(あ、12/15に引渡しが正式に決定しました!!)

主人も不安になったらしく営業さんに確認してくれると、
「内装は2日あればできちゃいますよ♪」とのことでした!
そうなんだ〜。そんなに早くできちゃうんだぁ〜・・・。

今日の現場での打ち合わせにあわせて、
カーテンの業者さんにも来てもらっていくつかカーテンのサンプルを
実際に窓にかけてもらいました。
でも、まだ壁紙が貼られていないのでやはりピンとこないですね〜(^^;)
一応、3社ぐらいに見積りを作成してもらう予定です。
カーテンって結構高いんですね・・・!(≧ロ≦)

ハウスメーカーさん紹介の外溝業者さんとも今日初顔合わせしました。
建物が敷地内にいっぱいいっぱい建っているので、
車と人数分の自転車+ベビーカーの置き場所を考えると
ほとんど何も出来なさそうでした・・・(TT)
門なんてもちろん作れません。
ポストと外灯が付いたちょっとしたレンガ調のものを置くだけであとはオープン。
足元もほとんどが車に占領されるので、
レンガ調のポスト台?から玄関までの短いちょっとしたアプローチが作れるぐらいで、
ほとんどモルタルで敷き詰めるしかないみたいです。
家の周りはジャリを置くことにしました。

そうそう、エアコンの業者さんにも見積りを作ってもらうのに現場に来てもらいました。
でも、壁紙が貼れていて、足場が取れてからじゃないと見積りが取れないといわれ、
また日を改めてきてもらうことになりました。
余談ですが、ヨド○シカメ○に「3階の1室は、室外機を屋上に上げてもらいたい」と言った所、
「3階以上の建物で屋上への設置はやっていません。1階まで引っ張ります」といわれたらしい。
あまりの対応の悪さに気分を害した主人はその足でサク○ヤに行って同じ事を頼んだところ、
ごく当たり前のように快く対応してくれたそうです。
以前にも違う人に尋ねたところ同じ対応をされたそうなのですが、
ヨド○シカメ○さんはどこもそうなのかしら??
うちの近所だけかしら???
我が家の2世帯住宅づくりレポート/断熱材が吹き付けられていました
久々に中を見せてもらったら、断熱材がすでに吹き付けられていました。

11_6_1
ちょっとこの写真だと分かりづらいかしら??(^^;)
白いぼこぼこしたのが断熱材です。
硬そうに見えますが、触ってみると意外と軽くて発泡スチロールみたいな感じでした!
結構これが温かいらしいですv

その断熱材の上から金属製の骨組みが作られていました。
11_6_2
↑こんな感じの骨組みが天井にもありました。
もう、クローゼットの場所も区切られていたし、
廊下と部屋の区切りにもこの骨組みが出来ていたので、
以前見たときよりも部屋の感じがイメージできるようになりました。

階段も基礎が出来ていました!
11_6_3
以前は、工事用の梯子みたいな階段でとても怖かったのですが、
これでもう安心ですv(^^)
(あ、もちろん手すりや壁もこれから出来ますv)
角度は45度というわけにはいきませんでしたが、上り下りも楽に出来ましたv

11_6_4
↑外壁の梁の部分に色違いのタイルが貼られていました。
当初選んだときのイメージと結構違って見えますね〜(^^;)
こんなに色が違うとは思っていませんでした(苦笑)
メーカーの見本のタイルが色あせてたのかな??(なんてね)
我が家の2世帯住宅づくりレポート/どうやら南側の家に測量が入ったようです
現在建築中の土地は、24坪と狭いうえに、
北側に道路、東西に3階建ての建物が1メートルも離れていない状態で隣接していて、
南側に平屋が立っているという状態です。
で、その南側の平屋には90歳ぐらいのおばあさんが一人で住んでいて、
その子どもたちも各自独立して家を構えているらしく、
数年の内に売られて3階建ての建物が建つだろうという予測はしていました。

・・・しかし
どうやら、すでに測量が始まっているらしく、
今週の土曜日に測量の立会いをすることになりました・・・。
まさかこんなに早いとは!!(ToT )( ToT) ウルウル

私たちの家を建てる場所は、住宅密集地ということで、
「道路斜線」という規制と高さ制限はあるけれども、
なんと「北側斜線」や「日照権」といったものはないそうで・・・(涙)
あまりの密集地なので、日照権などというものを考慮していたら
家が建てられなくなるというのがその理由とか??

ということで、どうやら南側に建つであろう家は、
南側にある道路の「道路斜線」規制を受けて
我が家と同じように、道路から離れた場所に建てないといけないので
かなりギリギリまで寄ってくるのではないかということなのです!(担当営業さん談)
ということは、予測はしていたものの、
2階のリビングにはほとんど陽が入らないどころか、
下手すると「こんにちは!」状態??!

まぁ、こっちが先に家を建てているので、
面と向き合った窓はなるべく避けてくれるのではないかという願望がありますが、
やはりいくつかの窓は出来るであろうと・・・。
そこが何の部屋なのかにもよりますが、
洗濯物を代わりに取り込んでもらえそうなところに窓があるのはちょっと抵抗が・・・(T_T)
一体どのぐらいまで迫ってくるのか心配です。

数年は、比較的明るいリビングになるかなv
と、思っていただけにちょっとショックです・・・(_ _;)

ただ、土地が広くて、私たちの隣の土地の方にも重なっていて、
そっち側のほうが「近隣商業地域」ということで高く広く建てることができるのです。
その利点?を活かして、できるだけそっち側に建物がずれて、
うちの方に駐車場なりお庭なりを作っていただければ
少しは陽が入ると思うのですが・・・。

あとは神様に祈るだけかしら??
(。-_-。)/。・。・゜★・。・。☆・゜・。・マハリクマハリター